敷金ってなに?

敷金とは、家主が入居者との契約時に受け取る“担保”となるお金のことです。敷金の金額に関しては法的な決まりはなく、「月額家賃の1.6ヶ月分」が平均であると言われています。
敷金は民法では「退去後は100%返還すること」が原則とされています。一方で、家主は退去時の修復費用として敷金の一部を利用することが日本では一般的となっており、
統計的には敷金の50%が“修復費”として差し引かれて返還されていると言われています。
中には返還に応じない例や、初めから「60%は差し引きます」などといった契約を結ばせる例もあり、国内の敷金返還制度に関しては未だ多くの課題があるといえます。
最近では保証会社の加入を義務付ける物件も増えていますが、その場合でも補償金と敷金両方をとる物件が多いのが現状です。

STYLEのサービス

STYLE 〜敷金〜 では、敷金の平均返還率である50%をお客様に保証し、なおかつ退去前でも受け取れる革新的なサービスになっています。
アプリ内で簡単に手続きができ、お客様に行っていただくことは、
・「アプリに情報入力」
・「自動作成された2通の書類を郵送」
の2点だけ。
その後お客様の指定の口座に敷金が振り込まれます。
もちろん、不動産の側とのやりとりは全てSTYLEが承ります。

簡単!アプリの使い方

Coming soon…

皆様のお声

Coming soon…